iPhoneの充電ができず困り果てたお客さま

iPhoneの充電ができず困り果てたお客さま

180302-connector-iPhone-repair-ilive-hakata

充電が突然できなくなったiPhone。PCに繋いでも反応が無いため、バックアップも取れない状態でした。復旧までの修理レポートです。

福岡市博多区博多駅前からご来店のお客さま

突然iPhoneの充電ができなくなり、そのまま電池残量がなくなった後、電源が入らなくなってしまったそうです。

仕事の電話にも出れず、メーカー修理に出そうにも、データのバックアップも取れないため、出したくても出せない状況とのこと。

なんとか、データ復旧だけでもできないかと、当店にご相談に来られました。

充電機の差込口に違和感

お客さまのiPhoneを確認すると、iPhoneの充電器を差し込んだ時に、根元まで差さらない違和感がありました。

iPhoneの充電ができない症状は、差込口に入りこんだゴミやホコリが原因であることが多いです。

iPhoneを分解前に、差込口のクリーニングを行います。

ゴミやホコリが水分を吸って、ショートする前に、クリーニングを行えば、部品の交換が要らずに直るケースもあります。

今回のお客さまのiPhoneは、クリーニングでは復旧できなかったため、故障部品の交換を行うことに。

ライトニングコネクターの交換

充電器の差込口であるライトニングコネクターを取り外し、新しいものと交換します。

その後、iPhoneの充電を行うと、無事充電反応が復活しました。

一度は諦めかけた、データが復活し、お客さま一安心!

iPhone自体も復旧したので、メーカー修理に出す必要もなくなり、はじめから当店へ相談しておけば良かったと喜ばれていました。

当店のiPhone修理は、大体の故障が30分程度で完了できます。

ご依頼の多い、画面ガラス割れ修理や、バッテリー交換などは、最短15分でお渡しすることも可能です。

お使いのiPhone故障でお困りの方は、お気軽にご相談ください^^

iPhoneバッテリー充電系トラブルカテゴリの最新記事