ヤバい!充電しても充電しても電源が入らないiPhone

ヤバい!充電しても充電しても電源が入らないiPhone

18030308-customer-iPhone-repair-ilive-hakata

福岡市中央区高砂からご来店のお客さま

iPhone修理店を営業していると、色々なiPhone故障修理のお問い合わせを頂きます。

地面に落下してしまい、画面ガラスが割れてしまったiPhoneや、トイレに落下して水濡れしてしまったiPhoneなど…。

そんな色々なiPhone故障の中でも、お客さまが特に心配される故障は、電源が入らない状態のiPhoneです。

今回、中央区高砂からご来店されたお客さまのiPhoneも、まったく電源が入らず、データのバックアップも取れない状態でご来店されました。

ずっと充電器に差しても起動できないiPhone

お客さまご来店後、故障したiPhoneを確認すると、充電器に差すとiPhoneの液晶表示にバッテリーマークは表示されるけれど、そのまま何時間充電しても充電が溜まらない、という状態でした。

特に充電の接触が悪いということは、今まで無かったそうなので、充電口の故障ではなく、バッテリーの問題の可能性が考えられました。

お客さま受付後、分解してバッテリーを交換してみることに。

原因はバッテリーの経年劣化

お客さまのiPhoneからバッテリーを取り出した後、念のため、内部に水濡れや、破損が無いかどうかをチェックします。

特に、内部に異常が見当たらなかったため、新品のバッテリーを取り付けます。

その後、iPhoneの電源を入れてみると、正常に起動できたため、充電も正常に行えるか確認すると、無事、充電残量が増えるようになりました。

18030601-battery-iPhone-repair-ilive-hakata

早めの交換が吉

iPhoneバッテリーの寿命は、1年から1年半と言われています。

充電持ちが悪くなってきたり、電源が落ちたりなどの症状が出はじめた、寿命がきたiPhoneバッテリーをそのまま使い続けると、最終的には電源が入らなくなってしまいます。

大事な時にiPhoneが起動できない!といった緊急事態にならないように、お早めのバッテリー交換をおすすめ致します。

iPhoneバッテリー充電系トラブルカテゴリの最新記事