充電残量が100%から1秒で1%になってしまうiPhone

充電残量が100%から1秒で1%になってしまうiPhone

Charging-iPhone-repair-fukuoka-ilive-hakata

充電残量が100%から、1秒で1%になってしまうiPhoneについての、修理レポート記事です。iPhone使用から2年ほど経ったときに症状がではじめたそうです。

福岡市博多区博多駅前からご来店のお客様

今回、博多区博多駅前にお住いのお客様から、iPhone修理についてのご相談です。

3年ほど使用したiPhone6の、調子が悪くなってしまったとのこと。

症状を確認させていただくために、直接店舗までご来店いただくことになりました。

お使いのiPhoneバッテリーに違和感

iPhone使用から2年を過ぎたあたりから、徐々に電池持ちが悪いと感じはじめたそうです。

そのため、モバイルバッテリーを使用したり、お車で充電したりなど、なんとか使用を続けていたとのこと。

すると先日からiPhoneバッテリーの充電残量に違和感を感じ始めたそうです。

2,すぐに充電残量が1%になってしまう

寝る前にiPhoneを充電して、100%まで充電したはずの残量が、充電器を外した瞬間1%になってしまうそうです。

いつ電源が切れるかわからない状態のため、日常生活でかなりご不便を感じてしまうとのこと。

battery-iPhone-repair-fukuoka-ilive-hakata

バッテリー交換にて改善

お客様ご来店後、iPhoneを分解。

内部点検を行い、念のためバッテリー以外の箇所に破損や水濡れがないかを確認します。

バッテリー以外に異常が見当たらなかったため、バッテリー交換後、無事お客様にiPhoneをお渡しできました。

バッテリー劣化のサインとは

iPhoneバッテリーの寿命が来ると、様々な劣化のサインが出てきます。

電源が落ち始めたり、充電の%があてにならなくなってくる状態はバッテリー要交換のサインです。

大事な時にiPhoneの電源が入らない!ということにならないようご注意を。

iPhoneバッテリー充電系トラブルカテゴリの最新記事