電源が落ちるようになってしまったiPhone!バッテリー交換で改善

電源が落ちるようになってしまったiPhone!バッテリー交換で改善

電池

電源がすぐ落ちてしまうようになったiPhone。バッテリーの劣化の可能性が高かったため、当店でバッテリー交換を行うことに。

まだ充電残量が残っているのに電源が切れてしまうiPhone

iPhoneのバッテリーが劣化により容量低下がはじまると様々な症状が出ます。
今回大分県大分市青崎からご依頼されたお客様のiPhoneも充電残量がまだ残っているのに電源が落ちてしまうというものでした。
大分県にお住まいのお客様でしたので当店へ郵送修理でご依頼頂きました。

使用から2年過ぎた頃から

ちょうどiPhoneのApplecare+の2年が終わった頃にバッテリーの劣化の症状が出始めたそうです。
はじめは充電の減りが早いと感じ始めたそうですが、今では充電残量がまだ50%残っているのに電源が切れてしまうこともしばしば。
1日充電が持たなくなってしまったため、当店へiPhone修理を検討されたそうです。

iPhone バッテリー 膨張

バッテリーの交換で復活!

お客様のiPhone到着後、iPhoneを分解しました。
バッテリーの劣化以外に故障箇所は無かったため、さっそくバッテリーを新品に交換しました。
修理後の点検でも異常なく、無事お客様に電池パックが新品になったiPhoneをお返しすることができました。

劣化の症状が出始めたら

iPhoneバッテリーの劣化の症状は、電源が落ち始めたり、膨張して画面を押し上げて来たりなど、さまざまです。
劣化の症状を見過ごし、そのままiPhone使用を続けると、最終的には電源が入らなくなってしまうこともあるため要注意です。

iPhoneバッテリー充電系トラブルカテゴリの最新記事