iPhone画面ガラスと本体の間に隙間が!iPhoneバッテリーの膨張の危険!

iPhone画面ガラスと本体の間に隙間が!iPhoneバッテリーの膨張の危険!

iPhoneバッテリー膨張

博多区上牟田にお住いのお客様のiPhoneは、本体に大きな隙間ができしてしまったそうです。分解診断で原因が判明しました。

●電池パックが膨らんでしまったiPhoneの修理

iPhoneバッテリーの寿命は1年から1年半と言われています。
寿命が来たiPhoneバッテリーを使用し続けていると最終的には電源が入らなくなってしまいます。
ただ、それよりも前に重大な故障が発生してしまうことも…。
今回、福岡県博多区上牟田からご来店頂いたお客様のiPhoneもバッテリー劣化が原因の故障でご相談に来られました。

タッチパネル操作の反応に違和感

お客様のiPhoneは、はじめタッチパネルの一部の反応が悪くなってしまったそうです。
そのためiPhone本体の外観を確認すると、画面ガラスと本体ボディの間に少し隙間が出来ていたとのことです。
その隙間は徐々に広がりはじめ、ガラス面が浮き上がるほどになってしまいました。

バッテリー交換で改善

お客様のiPhoneを分解してみると、バッテリーがパンパンに膨れていました。
iPhoneが熱を持つ充電方法で使用される方のバッテリーはこのように膨張してしまうことがあります。
お車やモバイルバッテリーの使用や、充電中のiPhone使用などがその要因となります。

まとめ.液晶画面が壊れる前に…

もうすぐ新しいiPhoneも発売されるし、修理よりは機種変更…とバッテリーが劣化したiPhoneをそのまま使用し続けると最終的には液晶画面が壊れてしまいます。
そのため、機種変更したくてもタッチパネル操作ができず、バックアップが取れない、といった状態にもなりかねません。
お使いのiPhoneに違和感を感じられたときはお早目の修理をおすすめ致します。

iPhoneバッテリー充電系トラブルカテゴリの最新記事