iPhone充電不可!分解診断で故障部品の追及!

iPhone充電不可!分解診断で故障部品の追及!

iPhone充電 故障

突然充電できなくなってしまったiPhone!充電ができなくなってしまったと、お困りのお客様。当店へ直接ご来店後、バッテリーを交換してみることに。

1.福岡市中央区高砂からご来店のお客様

「iPhoneが充電できなくなってしまった!」iPhoneを長年使用されている方でしたら経験のある方も多いはず。そんな場合、多くは使用されている充電器やUSBアダプタを交換してあげることで改善しますが、それらを交換しても改善ない場合、iPhone自体に原因があるということになります。今回、中央区高砂からご来店されたお客様も、はじめは充電ケーブルを変えれば直るだろうと思い、あまり深刻な事態に感じられていなかったそうですが、周辺アクセサリを交換しても改善がなったため、困ってしまい当店へご相談に来られました。

2.本体交換ではデータが消えてしまう

いちばんお客様が気にされていたのは、内部データがどうなるのかという点です。充電が出来なくなってしまったiPhoneはPCに繋ぐことも出来ないため、本体の原因を改善しない限りはデータのバックアップを取ることはできません。充電が出来ない状態のiPhoneはメーカーでの対応は修理ではなく本体交換になってしまうため、電話帳や写真、動画などのデータはあらかじめバックアップを取っておかないと、本体交換や機種変更では全て消えてしまうことになります。当店では本体交換でなく、壊れているパーツを交換する修理サービスになるため、内部データはそのままの状態で修理後iPhoneをお客様にお渡しすることが可能です。

iPhone修理 福岡

3.バッテリー交換にて改善

お客様ご来店後、念のため当店の充電器でも数分充電を行ってみましたが、充電中にバッテリーマークは出るものの、それから充電されず、起動が出来ない状態でした。バッテリーマークはしっかりと表示されているため、充電反応自体はあるものの、立ち上がりが難しいという状態だったため、充電器の差込口の故障よりも、バッテリー不良の可能性が高かったため、お客様受付後、バッテリーを交換させて頂くことになりました。修理後、正常に充電もできるようになったため、故障の原因としてはバッテリーの劣化であったことがわかりました。

まとめ.原因の切り分けで故障部品特定

今回のお客様のiPhoneのように、壊れてしまったiPhoneは壊れた部品を交換してあげることで復旧することができます。一見故障の理由がわかりにくいiPhoneでも、ひとつひとつ原因の切り分けを行うことで、壊れた部品の特定をすることができますので、お使いのiPhoneに原因不明の故障が起こった場合は、メーカーでの本体交換の前に、まずは当店でもiPhone故障診断をおすすめ致します。

iPhoneバッテリー充電系トラブルカテゴリの最新記事