充電の持ちが悪い!iPhoneバッテリー劣化の原因とは?

充電の持ちが悪い!iPhoneバッテリー劣化の原因とは?

iPhone修理 福岡 バッテリー

待ち受け時間が1日持たなくなってしまったiPhone。バッテリーの劣化が考えられたので、当店でバッテリー交換を行うことに。

●電池の減りが早くなってしまったiPhone!バッテリー交換リアルレポート

1.福岡県博多区千代からご来店のお客様

iPhoneをauやsoftbankやdocomoなどのキャリアで契約されている方は2年契約で購入されるため、最低でも2年以上は使用されたいところです。iPhoneの画面ガラスは割れやすくちょっとした高さからの衝撃で割れてしまいます。iPhone故障のほとんどが画面割れなので、液晶保護フィルムやクッション性のあるケースカバー等で守ってあげることで、2年契約の間iPhoneを破損等から守ってあげることが可能です。しかしどれだけしっかりとしたフィルムやケースでiPhoneを守っていてもバッテリーの寿命だけはいつかは来てしまいます。今回ご来店されたお客様も充電の減りが急に悪くなってしまったと当店へご来店されました。

2.一年程の使用で減りが早くなってしまった

今回ご来店されたお客様のiPhoneは一年程の使用でバッテリーの持ちが悪いと感じはじめたそうです。とくにお客様は、iPhoneでそれほどSNSやゲーム等のアプリを頻繁にしようされるわけでもなく、毎日少しの通話でしか使用しないとのこと。たしかにiPhoneバッテリーの平均寿命は一年から一年半ほどなので、一年で寿命がきてもおかしくはないですが、使用頻度のわりに寿命が来るのが早いのが気になりました。iPhone分解前に当店のバッテリーチェッカーでお客様のiPhoneを点検してみると、充電回数は300回ほどで、一年程の使用感でしたが、バッテリーの数値は900mAh(もともとの数値の約半分程)まで落ちていました。

3.バッテリーの寿命が短くなってしまう原因とは?

今回のお客様のバッテリーがこれほど劣化してしまった原因は家宅のコンセント以外からの充電(モバイルバッテリーやお車からの充電等)が考えられます。今回のお客様はお車での充電を頻繁にされる方でしたので、それほどiPhone使用頻度は高くなくても、充電方法に問題があったために、iPhoneバッテリーの寿命が極端に短くなってしまいました。とくにお車での充電は電池パックだけでなく、iPhoneのメイン基板がショートしてしまい、最悪の場合修理不能になってしまうケースもあるため、家宅のコンセント以外でiPhoneを充電されている方は要注意です。

まとめ.無料点検実施中です

当店に直接ご来店頂ければ、キャンペーン期間中によりiPhoneの無料点検を実施中です。バッテリーのチェックや充電器の差込口の清掃、その他機能診断させていただきますので、お使いのiPhoneの調子が悪いと感じられている方は、お気軽にご近所のiPhone修理店へご相談ください^^画面ガラス割れ・タッチパネル液晶不良修理や、水没修理、バッテリー交換などほとんどのiPhone故障修理に対応しています!

iPhoneバッテリー充電系トラブルカテゴリの最新記事