2016年秋に配信iPhone新バージョン「iOS10」Apple発表

2016年秋に配信iPhone新バージョン「iOS10」Apple発表

01iPhone-repair-fukuoka-ilive-hakata160615

ついに発表された新バージョン「iOS10」について、気になる新機能などについて徹底追及しています。

ついに発表!新バージョン「iOS10とは」

Appleが2016年秋に「iOS」を提供することを発表しました。福岡県博多区住吉でiPhone修理を行っている当店でも、修理後のお客様からiOSのバージョンアップについてのご質問は多いため、今回iOS10でのバージョンアップの新機能や注意点等をお伝えしようと思います。

純正アプリの削除が可能に

通常iPhoneアプリには二種類、App Storeを利用してダウンロードするものと、工場出荷状態からインストールされているデフォルトのものがあります。App Storeからダウンロードしたものは、不要になった場合、アプリのアイコンを長押ししてあげることで削除選択することができますが、もともとはじめからiPhone内にインストールされているものは、不要と感じても削除することができません。プリインストールのアプリはそれほどデータ容量の多いものではありませんが、まったく使わないのにiPhoneの画面を占領している・・・、とストレスに感じていた方も少なくないはず。

ロック画面の使い勝手向上

3D Toushを利用して、LINEやアプリからの通知から、より簡単に内容を把握できるようになるそうです。ただ、それよりも驚きの新機能は、消灯状態のiPhoneを手に取っただけで点灯できるようになるそうです!・・・実用的な価値があるかどうかは個々人の判断になります。

予測変換でのAI向上

これまでの予測変換では、以前打ち込んだ内容や、自分で登録した単語などしか表示されなかったですが、「どこにいるの?」というメッセージに返信しようとすると、自分の今いる現在地をMap表示させることを予測候補として提案してくれたり、「空き時間」と入力するとカレンダーから空いている時間を探して表示されたりなど、GPSやカレンダーアプリとリンクするような機能も備わるようです。その他、フリック入力で一文字打ち間違えても、正しい文字を提案してくれる機能も追加されるとのこと。iPhoneSEなど4インチサイズのiPhoneにとって嬉しい機能になるのでは?

まとめ.その他向上する機能も多いですが・・・

今回は上記の三点以外にも新機能やiPhone自体が使いやすくなる部分も多いようです。ただ、iPhoneアップデートに関しては毎度のことながらデメリットも付き物。発売されて三年程経つ旧機種については、バージョンアップについていけず動作が重くなってしまいます。その他、アップデートによってフリーズ等の不具合が出たり、アップデート自体に失敗すると最悪の場合内部データがすべて消えてしまうということも。iOSアップデートの際は、ネットの評判を確認したうえで、データのバックアップを取り、万全の状態で行うことをおすすめ致します。

【iPhone】基本操作・標準アプリ・ios機能カテゴリの最新記事