camera-iPhone-repair-fukuoka-ilive-hakata

今まで知らなかった、iPhone標準カメラ撮影時に、便利なテクニック集です。標準カメラでも備わっている機能を上手く使いこなすことで、クオリティの高いカメラ撮影が可能になります。

●意外と知らないiPhone標準カメラアプリを使いこなす!

iPhoneのカメラアプリはAppStoreから様々な種類のものが、数多くダウンロードできます。

そのため、どのカメラアプリを使えば良いのかわからない方も多いでしょう。

ただ、そんな数多くあるカメラアプリをダウンロードしなくても、はじめからiPhoneに備わっている標準カメラアプリでも、上手く使いこなすことで、高品質なカメラ撮影が可能です。

純正のカメラアプリのため、広告表示が無いというのも使い易い点です。

今回は、iPhone標準カメラの、意外と知らないカメラ撮影時のテクニックをお伝えします。

Video-iPhone-repair-fukuoka-ilive-hakata

1,無音カメラアプリを使わずシャッター音を消す

カメラ撮影時のシャッター音を、消すことができるカメラアプリは存在します。

標準カメラには設定でシャッター音を消す機能はありませんが、少しの工夫でシャッター音を消して、写真を撮ることは可能です。

その方法は、動画撮影中にシャッターを切ることです。

この方法であれば、シャッター音を出さずに、写真を撮ることが可能です。

その他の利点としては、静止画と動画を両方残せるため、撮り直しの必要もなく、実用的な方法といえます。

Pinto-iPhone-repair-fukuoka-ilive-hakata

2,フォーカス&露出調整でピントが合わない等の問題を解決

撮影する写真の、クオリティを上げたい時に覚えておきたい機能がこちら。

標準カメラを撮影するときに、画面に表示される、黄色い正方形の枠をみなさんご存知ですか?

この黄色い枠は、ピントを調整するための機能です。ピントを合わせたい箇所をタップすると、そこにピントを調整することができます。

ピント調整は、写真に深みを持たせるための基本的な技術のひとつです。

ピントを合わせたあとは、露出調整が可能になります。

露出調整とは、暗い場所で顔がはっきりと写らない、という時にも活躍してくれる機能です。

こういった機能を使いこなすことで、今までよりも味のある写真を撮れるようになるでしょう。

hdr-iPhone-repair-fukuoka-ilive-hakata

3,3枚写真から良い部分を切り取り最高の1枚に仕上げる『HDR』

『HDR』とは、High Dynamic Range(ハイ・ダイナミック・レンジ)の頭文字です。

露出の異なる写真を同時に3枚撮り、それぞれの良い部分を抽出して合成し、1枚に仕上げる技術です。

具体的には白飛びや黒つぶれが減り、肉眼で見るのに近い色調に仕上げられます。

この機能を使いこなすことで、撮り直しの必要がほとんどなくなるため、いざという時のカメラ撮影時に使用したい機能です。

iPhone修理◆福岡iLive◆アイリブ
電話 092-263-1055 お問合せ

各修理の詳細はこちらから↓
iphone-glassrepair-fukuoka-ilive-topbanariPhone修理 福岡アイリブiLive水没浸水トラブル故障修理iPhone修理福岡アイリブ|バッテリーや充電のトラブル故障修理
iPhone各修理の料金表はこちら↓
iPhone修理料金表ilive福岡博多店
お得なキャンペーンはこちら アクセスMAP