●iPhoneが壊れた後の二次災害について

1.iPhoneの画面が割れてしまった後に・・・
2.バッテリーが劣化してくると・・・
3.水没修理は早めが肝心!!
まとめ.ご相談が肝心です

01iPhone-repair-fukuoka-ilive-hakata160612

みなさんが毎日使っているiPhone。液晶のガラスが割れてしまったり、充電の持ちが悪くなってきたり、水に濡れてしまいタッチパネルが利かないなど、さまざまな故障のお問い合わせが当店でもたくさんあります。ただ、iPhoneが壊れてはいても、まだかろうじて使用できる状態の方は修理を後回しにしてしまいがち・・・。今回の記事は、そんな修理を後回しにしてしまう方にありがちな「iPhone故障の二次災害」についてです。

1.iPhoneの画面が割れてしまった後に・・・

ちょっとした衝撃でiPhoneの画面は割れてしまうことがあります。表面のガラスにヒビが入っても使えることも多いのですが、画面が割れてしまった後に、もう一度衝撃が加わると。タッチパネル操作や液晶表示まで壊れてしまうことも多いです。その状態になってしまうと修理無しでは内部データのバックアップを取ることも難しい状態に・・・。画面が割れてしまったらとにかくお早めの修理が肝心です。

02iPhone-repair-fukuoka-ilive-hakata160612

2.バッテリーが劣化してくると・・・

充電中の使用を頻繁にされる方のiPhoneは、バッテリーがはまぐりのように膨らんでくることがあります。画面が浮き上がり、膨らんできたことに気付いても、とりあえず機種変更までこのまま・・・という感じで使用していると一週間も経たないうちに画面が割れてしまったり、最悪表示不良になり、修理無しではバックアップもできない状態になることもしばしば。故障かな?と感じられたときは、お早めに修理することで、故障箇所も少なくて済み、修理費用もお安くなることが多いのです。

03iPhone-repair-fukuoka-ilive-hakata160612

3.水没修理は早めが肝心!!

上記の二点は、二次災害といえど修理で直る故障です。水没修理に関してはお客様がどれだけ早く持って来られるかで、普及率が決まります。つまり、後回しにすればするほど直らない可能性も高くなってしまうのです。iPhoneの水没は緊急事態です。可能な限りお早目の修理をおすすめ致します。

04iPhone-repair-fukuoka-ilive-hakata160612

まとめ.ご相談が肝心です

今回お伝えした二次災害が代表的なものになりますが、その他にもそんなことが二次災害に!というような事例は多数あります。当店へ一度ご相談いただくだけで故障の悪化を防げることもありますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

05iPhone-repair-fukuoka-ilive-hakata160612

故障だと思っていたことが、お電話一本でトラブル解決したという事例も多数あります!iPhone不良等でお困りのことがあれば、まずはお気軽にお問い合わせください。当店は博多区住吉で営業しているので、普段は福岡市内(博多区、中央区天神、城南区、東区、西区、早良区)のお客様のご来店が多いですが、博多駅から歩いてすぐご来店できる距離にありますので、出張中や旅行中であまり土地勘が無いお客様でも安心です。近隣(大野城市、春日市、糸島市、粕屋郡、北九州市など)でiPhone修理が地元にないというお客様はぜひ当店をご利用ください^^

即日iPhone修理【アイリブ福岡】
092-263-1055
〒812-0018
福岡市博多区住吉3-5-2 2階

博多駅から徒歩8分
城南線 住吉通り沿い
住吉バス停10秒
ラーメン博多徳兵衛の2階です!
アクセスMAP

各修理の詳細はこちらから↓
iphone-glassrepair-fukuoka-ilive-topbanariPhone修理 福岡アイリブiLive水没浸水トラブル故障修理iPhone修理福岡アイリブ|バッテリーや充電のトラブル故障修理iPhone各修理料金価格表
お気軽に電話ください092-263-1055