●iOS最新バージョン10.2の新機能について徹底検証

1.iMessageでの機能充実
2.サイレントモードでスクリーンショット無音
3.標準カメラに新機能追加
まとめ.iOSアップデート時は要注意

iOS iPhone

1.iMessageでの機能充実

iOS10にバージョンアップされた時点でiMessageは、テキストにエフェクトが追加されていたり、背景の種類も充実したりとかなりの進化を遂げていましたが、また今回新たに、絵文字が100種類以上追加されたり、ロック中だけ通知のプレビュー表示がオフにできたりなど、使う上での楽しさや使いやすさが向上しました。現在、SNSでの連絡手段としてはほとんどのユーザーがLINEアプリでやりとりをしていますが、メッセージのやりとりがiPhone同士の場合、あえてiMessageを使いこなしてみると、また新たな楽しさを発見できるかもしれません。

iMessage iPhone

2.サイレントモードでスクリーンショット無音

これまでiPhoneではスクリーンショット(電源ボタンとホームボタンを一瞬だけ同時押し)を使用する場合、どうしてもシャッター音が鳴っていました。スクリーンショット自体はメモ代わりに現在表示されている画面を写真として残す機能としてとても便利な機能なのですが、シャッター音がうるさいので、公共の場では大事な時に活用できない状況もありました。iOS10.2からはサイレントモードにするだけで、その他めんどうな設定も必要なく機能が反映されるので、とても便利にスクリーンショットを使用できるようになりました。

iPhone スクリーンショット 無音

3.標準カメラに新機能追加

以前のバージョンまでは、標準カメラで動画を撮影したい場合、「写真モード」から「ビデオモード」に変更してから撮影していました。今回のiOS10.2からは、前回使用したモード設定やフィルターを、次に起動したときに記憶しておく、設定を保存する機能が追加されました。これにより、自分が使いたい機能を初期設定として保存しておけば、すばやく動画撮影やその他の設定でカメラをいち早く起動できるためとても便利になりました。

iPhone カメラ

まとめ.iOSアップデート時は要注意

今回ご紹介したようにiPhoneのiOSがバージョンアップされるとiPhoneを使いこなす上でとても充実した機能が追加されます。しかしバージョンアップ時の注意点として、バージョンアップが何らかの原因で失敗してしまった場合、iPhoneの内部データはすべて消え、PCにてシステムの復元をしなければiPhoneが復旧しない状況になるケースも可能性としてあります。失敗してしまう原因の例としては、wifi接続が不安定なときや、充電不足によるアップデート中の電源断、もしくはiPhoneの空きデータ容量の不足など、さまざまな要因がありますので、バージョンアップの際は常に万全の状態で行うように心がけましょう。

故障だと思っていたことが、お電話一本でトラブル解決したという事例も多数あります!iPhone不良等でお困りのことがあれば、まずはお気軽にお問い合わせください。当店は博多区住吉で営業しているので、普段は福岡市内(博多区、中央区天神、城南区、東区、西区、早良区)のお客様のご来店が多いですが、博多駅から歩いてすぐご来店できる距離にありますので、出張中や旅行中であまり土地勘が無いお客様でも安心です。近隣(大野城市、春日市、糸島市、粕屋郡、北九州市など)でiPhone修理が地元にないというお客様はぜひ当店をご利用ください^^

即日iPhone修理【アイリブ福岡】
092-263-1055
〒812-0018
福岡市博多区住吉3-5-2 2階

博多駅から徒歩8分
城南線 住吉通り沿い
住吉バス停10秒
ラーメン博多徳兵衛の2階です!
アクセスMAP

各修理の詳細はこちらから↓
iphone-glassrepair-fukuoka-ilive-topbanariPhone修理 福岡アイリブiLive水没浸水トラブル故障修理iPhone修理福岡アイリブ|バッテリーや充電のトラブル故障修理iPhone各修理料金価格表
お気軽に電話ください092-263-1055