●充電残量がまだあるのに電源が切れるようになってしまったiPhone

1.福岡市中央区六本松からご来店のお客様
2.突然iPhoneの電源が落ちてしまう
3.iPhone電池交換でお悩み解決!
まとめ.iPhoneバッテリーは消耗品です

iPhone バッテリー 交換

1.福岡市中央区六本松からご来店のお客様

iPhoneバッテリーの寿命は一年から一年半といわれています。寿命がきたiPhoneバッテリーをそのまま交換せずに、ずっと使い続けてしまうと、最終的には電源が入らなくなってしまうか、もしくはバッテリー自体が膨張してiPhoneの液晶画面を内部から押し上げ、表示不良になってしまいます。今回中央区六本松からご来店されたお客様は、現在使用されているiPhone6の電源が落ちてしまうという症状でご来店されました。

2.突然iPhoneの電源が落ちてしまう

お客様は過去iPhone5を使用されているときに、バッテリー膨張によるiPhone画面破損のご経験があったそうなので、今回は最悪の事態になる前に当店へご相談に来られたそうです。症状としては、まだ電池残量が20%以上残っているはずなのに、iPhoneの電源が切れてしまい、充電してくださいというマークが出てしまうというものでした。電池劣化が進むとまず、故障のサインとしてこの症状が発生することが多いです。特にiPhoneのリチウムイオンバッテリーは寒さに弱いため、冬はバッテリー劣化が進んでしまうため、寒い冬はバッテリー交換のご相談に来られる方が多くなります。

3.iPhone電池交換でお悩み解決!

店頭にてバッテリー交換させて頂き、入念点検後、異常が無かったため、そのままお客様に修理後iPhoneをお渡しできました。バッテリーの充電持ちが悪くなってくると、お車で充電されたり、モバイルバッテリーを使用される方がいらっしゃいますが、自宅以外の充電は、さらにiPhone自体に負担をかけてしまうため、一時しのぎの方法よりは、バッテリーを交換してあげた方が、結果的にストレス無くiPhoneを使用することができます。

まとめ.iPhoneバッテリーは消耗品です

どれだけ大切にiPhoneをしようされる方でも、バッテリーだけはいつかは寿命が来てしまいます。寿命が来たバッテリーをそのまま使い続けると他のiPhone部品も壊してしまう二次災害が起こる可能性が高まりますので、お使いのiPhoneバッテリーに違和感を感じられた方は、お気軽に当店までご相談ください^^

故障だと思っていたことが、お電話一本でトラブル解決したという事例も多数あります!iPhone不良等でお困りのことがあれば、まずはお気軽にお問い合わせください。当店は博多区住吉で営業しているので、普段は福岡市内(博多区、中央区天神、城南区、東区、西区、早良区)のお客様のご来店が多いですが、博多駅から歩いてすぐご来店できる距離にありますので、出張中や旅行中であまり土地勘が無いお客様でも安心です。近隣(大野城市、春日市、糸島市、粕屋郡、北九州市など)でiPhone修理が地元にないというお客様はぜひ当店をご利用ください^^

即日iPhone修理【アイリブ福岡】
092-263-1055
〒812-0018
福岡市博多区住吉3-5-2 2階

博多駅から徒歩8分
城南線 住吉通り沿い
住吉バス停10秒
ラーメン博多徳兵衛の2階です!
アクセスMAP

各修理の詳細はこちらから↓
iphone-glassrepair-fukuoka-ilive-topbanariPhone修理 福岡アイリブiLive水没浸水トラブル故障修理iPhone修理福岡アイリブ|バッテリーや充電のトラブル故障修理iPhone各修理料金価格表
お気軽に電話ください092-263-1055